東京や神奈川から泊りがけでキャンプに行くなら道志村がおすすめ

道志村は山梨のどの辺にある?

キャンプ場のメッカとして名前はよく知られている道志村は、山梨県東部の端に位置しています。東京からかなり近い場所にあるものの全域が山岳地帯で構成されており、相模原・八王子エリアから山中湖まで続く道志みち(国道413号)が村の中央部を横断しています。

“東京や神奈川から泊りがけでキャンプに行くなら道志村がおすすめ” の続きを読む

秋川渓谷に飽きてきたら檜原村に行ってみるのはどう?

檜原村の位置情報などについて

檜原村は奥多摩町と共に東京の西端に位置している自治体で、南部は山梨県・神奈川県と接しています。そして、一般的には東京都内で唯一現存する村として有名です。周辺地域同様に全域が山岳地帯となっていて、東京の自治体ながらも都心とはまったく環境が違います。東隣に位置するあきる野市より自然環境に恵まれているため、秋川渓谷へ遊びに行く事に飽きてきてしまった場合は、足を延ばして檜原村に遊びに行くのはどうですか。

“秋川渓谷に飽きてきたら檜原村に行ってみるのはどう?” の続きを読む

海外旅行を楽しみたいなら知っておきたい2つのポイント

記録よりも体験することが大事

長い距離を移動することになる海外旅行を楽しむには、記録よりも体験することが大事です。旅行に使用できる時間や資金に限りがあるため、記録に残そうとカメラやビデオの撮影に集中する場合があります。きちんと記録に残しておけば、帰国してから振り返る際に楽しめます。しかし、現地での体験は訪れている時しかできないものなので、忘れられない思い出となるでしょう。ただ、美しい風景や珍しい観光地を訪れると、どうしても記録に残したくなりますよね。その際はできるだけビデオではなく、カメラに記録することをおすすめします。ビデオに比べるとカメラの方がシャッターを押すだけで撮影が終了するので、体験する方に時間を費やせます。

“海外旅行を楽しみたいなら知っておきたい2つのポイント” の続きを読む

多摩丘陵の中核都市・多摩市を旅する際のおすすめスポット

京王線とのゆかりが深い多摩市

多摩市は東京・多摩地区の南部に広がる自治体で、全域が多摩丘陵の一角を形成しています。周囲の地域と比べて昭和時代中期までは発展が遅れていましたが、京王線が開通して多摩ニュータウンの開発がスタートしてからは、急速な宅地開発がスタートしました。新宿か京王線・京王相模原線を利用して短時間でアクセスできるのが魅力です。東京へ旅行でやってきた際、この地域へ遊びに来ると貴重な体験ができるため、旅行をするにあたって多摩地域巡りもしたい場合は、是非この市を観光してみてください。

“多摩丘陵の中核都市・多摩市を旅する際のおすすめスポット” の続きを読む

佐渡に行くならここに行くべき!!3つのスポット!

なんといっても金山!

佐渡=金山のイメーシが強いですよね。みんな行っている所だからと嫌厭しないでください。有名なだけあって見所もたくさんです。各コースを回るのも良いですがオススメの場所が2つ。
ひとつは道遊の割戸です。これは山です。山ですが半分から真っ二つに割れています。金を掘り進めた結果山が二つに割れてしまったのです。人間の欲深さが表れています。
もうひとつは北沢浮遊選鉱場跡といい、発電所やシックナー等の近代化された建物跡があります。最近では佐渡のラピュタと呼ばれ、インスタ映えを狙う観光客もたくさん訪れている幻想的な所です。

“佐渡に行くならここに行くべき!!3つのスポット!” の続きを読む

連休に訪れたい!国内のおすすめ観光スポット3選

東洋一の夜景・函館山

昨今は暦の上でも三連休など、まとまった休みを取りやすくなっています。そんな休日に行きたい、国内の観光スポットが北海道の函館です。北海道と聞くと遠いイメージがありますが、新幹線を使えば東京から新函館北斗まで約4時間で行けます。函館には五稜郭公園や金森レンガ倉庫など、魅力的なスポットが豊富にあります。中でも函館山からの夜景は、東洋一と称されるほどです。グルメに関しても、新鮮な魚介類を使ったメニューが豊富に揃っています。B級グルメとしては、ご当地ラーメンがおすすめです。

“連休に訪れたい!国内のおすすめ観光スポット3選” の続きを読む

女性の一人旅!海外旅行へ行く時の注意点とは

格好と振る舞い方について

女性が一人で海外旅行へ行くのなら、注意しておいた方が良いことがいくつかあります。安全に、そして楽しく旅をするためにぜひ頭に入れておきましょう。まず服装に関してですが、露出が多いものはできるだけ避けるようにするのが無難です。無駄に肩や腕、胸元が露わになっていると、それだけで男性の目を引いてしまいます。加えてブランド品などを身につけていると、襲ってくださいと言っているようなものです。国によっては、女性が肌を出すのを禁止しているところがあるので気をつけましょう。

それからキョロキョロしないことと、ガイドブックは人前で開かないのが大切です。いかにも観光に来たとわかってしまうため、犯罪者のターゲットになりやすいです。観光地を案内すると言って車に乗せ、どこかに連れて行かれることがあるのです。そこで現地に住んでいる、あるいは旅行に慣れていますといった感じで、堂々としていると良いです。

“女性の一人旅!海外旅行へ行く時の注意点とは” の続きを読む

東京から福岡へ旅行に行きたいならどうしたらいい?

東京都民にとって魅力的な福岡市

太平洋に面した東京と日本海に面した福岡では気候が違い、東京はほとんど雪が降らないのに対して福岡市では1月・2月に雪がよく降ります。また東京にはない独特なグルメが安く提供されているほか、福岡市内には東京湾とは違ったきれいな海が広がっています。その他、東京にはない良さが満載のため、東京都民の中には福岡市に強い憧れを持つ人が多く、旅行先として人気です。

“東京から福岡へ旅行に行きたいならどうしたらいい?” の続きを読む

海外旅行の盗難対策としてやっておきたいこと

複数の財布で観光しよう

海外旅行では、残念ながら日本人観光客が盗難の被害に遭う事例が後を絶ちません。被害に遭えば、盗難保険の申請のために現地警察へ届け出をしなければなりません。スリに遭えば、クレジッカード会社へ紛失の連絡が必要となります。特に複数枚のクレジッカードを持っていて一気に盗まれれば、その後始末は煩雑です。そう考えると、普段使っているひとつの財布だけで海外旅行をするのは、とても危険だといえます。海外旅行に持っていくクレジッカードは、多くても2枚程度にしましょう。そして、万が一の紛失に備え、クレジッカード情報とカード会社の緊急連絡先をメモしておけば、盗難に遭った際にとても役立ちます。

“海外旅行の盗難対策としてやっておきたいこと” の続きを読む

東京都内の離島・伊豆大島は意外とすぐ着くおすすめ旅行先

大島(伊豆大島)の概要

一般的には伊豆大島と呼ばれている伊豆諸島の離島・大島は伊豆半島の約30km東に位置しています。面積は約90平方キロメートルで、1986年に三原山の噴火が起こり、この出来事によって島の存在が全国に知れ渡りました。火山活動が一段落してからはかつての観光人気を取り戻し、今では身近な離島として旅行好きの人達の間で大人気です。

“東京都内の離島・伊豆大島は意外とすぐ着くおすすめ旅行先” の続きを読む