多摩丘陵の中核都市・多摩市を旅する際のおすすめスポット

京王線とのゆかりが深い多摩市

多摩市は東京・多摩地区の南部に広がる自治体で、全域が多摩丘陵の一角を形成しています。周囲の地域と比べて昭和時代中期までは発展が遅れていましたが、京王線が開通して多摩ニュータウンの開発がスタートしてからは、急速な宅地開発がスタートしました。新宿か京王線・京王相模原線を利用して短時間でアクセスできるのが魅力です。東京へ旅行でやってきた際、この地域へ遊びに来ると貴重な体験ができるため、旅行をするにあたって多摩地域巡りもしたい場合は、是非この市を観光してみてください。

国民的人気映画の舞台となっている聖蹟桜ヶ丘駅

1995年夏、某人気アニメ制作会社が多摩市の聖蹟桜ヶ丘駅周辺エリアを舞台としたアニメ映画を公開しました。この映画は大ヒットを記録し、舞台となっている駅周辺エリアは東京の多摩地域を代表する観光スポットの一つへと成長しています。制作にあたってスタッフが街を訪れた上で作品が作られていて映画そのままの景色が広がっており、訪れたファン達を喜ばせてきました。なお、その映画の中に登場する住宅街の骨董品店は実際には存在しないものの骨董品店周辺の景色もかなり忠実に描かれています。店があるはずの場所の付近にはカフェがあるため、歩き疲れたらこの店で休憩してみる事をおすすめします。

クリスマスの時期は多摩センター駅南口へ

多摩市南西部の多摩センター駅の南口には駅から公園へと続く道(パルテノン通り)があります。この通りでは毎年12月に大規模なクリスマスイルミネーションイベントが開催されており、人気急上昇中です。

多摩センター駅付近のテーマパークは大人も楽しめる

多摩センター駅南口には某キャラクターグッズメーカー関連のテーマパークがあります。かつては子供向けだったものの現在では幅広い世代が楽しめる施設へと進化している注目スポットです。

フラマイレーツについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です