東京や神奈川から泊りがけでキャンプに行くなら道志村がおすすめ

道志村は山梨のどの辺にある?

キャンプ場のメッカとして名前はよく知られている道志村は、山梨県東部の端に位置しています。東京からかなり近い場所にあるものの全域が山岳地帯で構成されており、相模原・八王子エリアから山中湖まで続く道志みち(国道413号)が村の中央部を横断しています。

道志村へのアクセス方法

道志村内には鉄道の駅がありません。また、村のそばに位置する駅もまったくないため、車でアクセスするのが基本になります。なお、東京・神奈川と道志みちで繋がっていて各地から意外と短時間で到着する地域で、アクセス環境は悪くありません。例えば、相模原市の橋本駅付近から道志みちを通っていく形であれば、約1時間で到着します。続いて、都心から遊びに行く場合は、まず中央自動車道の相模原インターからの距離は約30kmで、ICを出てからの所要時間は約50分です。

日本一キャンプ場の数が多い道志村

車でアクセスしやすい山梨県の道志村はキャンプ場の数が日本一である事を自治体側が売りにしています。具体的には約80平方キロメートルの面積の中に30か所以上のキャンプ場が点在しています。たくさんあるキャンプ場の中で、どこを選んだらいいかまったくわからない場合は、観光協会に問い合わせてキャンプ場案内のパンフレットを送ってもらってください。また時間がない場合は様々な条件を伝えて観光協会の人におすすめキャンプ場を紹介してもらうのも良いでしょう。

キャンプ場付近は自然環境が良好

道志村のキャンプ場の大半は道志みちのそばにあります。そして、道志みちのすぐそばを綺麗な川が流れており、水遊びや川魚釣り・川辺でのバーベキューなどを楽しむ事が可能です。さらに川の周囲には山林が広がっており、様々な生き物と触れ合う事も出来ます。

フラマイレーツについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です