海外旅行の盗難対策としてやっておきたいこと

複数の財布で観光しよう

海外旅行では、残念ながら日本人観光客が盗難の被害に遭う事例が後を絶ちません。被害に遭えば、盗難保険の申請のために現地警察へ届け出をしなければなりません。スリに遭えば、クレジッカード会社へ紛失の連絡が必要となります。特に複数枚のクレジッカードを持っていて一気に盗まれれば、その後始末は煩雑です。そう考えると、普段使っているひとつの財布だけで海外旅行をするのは、とても危険だといえます。海外旅行に持っていくクレジッカードは、多くても2枚程度にしましょう。そして、万が一の紛失に備え、クレジッカード情報とカード会社の緊急連絡先をメモしておけば、盗難に遭った際にとても役立ちます。

免税申請はコピーでできる?

また、パスポートは買い物をした際の免税書類申請のときに必要となりますが、これも紛失すると手続きが煩雑です。実は、パスポートを買い物の免税書類申請のためだけに使用するのであれば、コピーで十分なのです。顔写真の入っているページを見開きでコピーして持参し、パスポートの現物はできるだけ持ち歩かないようにしましょう。キャッシュも紛失した際に予備を残すために全額を持ち歩かないのが、賢いやり方です。全額を持ち歩いて、なくさないようにと気にしながら観光するよりは、なくしてしまっても被害が最小限になるように準備しておくことが大事なのです。初めて行った土地では、どれだけ親切にされたとしても、簡単に現地の人を信用しないことも大切な心がけだといえます。

フラマイレーツについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です